ワクワクしたら進んでみる

楽読インストラクターのりゅういちです。

 

あなたは決断は早いほうですか?

 

僕はもともと優柔不断で先延ばしにするタイプでした。でも、そういう自分を変えたいと思って自分の行動を変えていきました。具体的には自分にクロージングをかける習慣をつくっていくことです。何か「ほしいな」と一瞬でも思ったものがあった場合は、それを手にとってワクワクするかしないか感じてみます。そして、「ああ、やっぱりワクワクするなあ」と感じたら、つべこべ言わずに決断するのです。

 

たとえば、本を一冊買う場合、「ああ、この1500円でお昼ごはん2食分いけるな」とか考えちゃうわけです汗。でも読みたい!ワクワクする!って思ったら、「今、これ買っておいたら、明日すごい結果がでるかもしれない」とか、「今、このチャンスを逃したら多分もう本屋にはこないだろう」なんてことを想像する。「今、この場で即決する」ためのYESを自分の中にいっぱいつくって、前に進むことを正当化して、「よし!」って勢いをつけてレジに向かうんです。

 

 

「たかが本で?」って思った方もいるかもしれませんが、いつも「また今度でいいや」と先延ばしにしていた人にとってはこれが大きな決断になります。もちろん買い物だけじゃなくて、人に言うべきことがあるときも、自分の道を決める大きな決断をするときも、自分で自分の背中を押します。

 

「今、言わないと一生後悔するよ」

「今、断らないと何も変われないよ」

「今、決めないと人生を棒にふるよ」

などなど。

 

自分の行動や習慣を根っこの部分から変えていき、実体験として「ワクワクしたら動いた方が絶対にいい」という結論に僕は達しました。だから偽りなく心の底から「ワクワクしたら前に進んでみてください!」って言えます。

 

大切なのは「あのときこうしていたら・・・」と後になってぐずぐず言わないこと。もしあなたが「私って優柔不断だわ・・・」と思っているならば逆にラッキーです。チャンスがそこにあるってことだから!

 

あなたにとって今日のお話が何か少しでも気づきのあるものだったら嬉しいです。

 

 

りゅういちの楽読体験セミナー

楽読・速読なら楽読 |楽しく・楽に・速く読む
楽読・速読スクールの株式会社 楽読|大阪・東京・神戸・京都・横浜で速読体験セミナー開催

 

 

コメント