スランプに陥らないためにすべきこと

楽読インストラクターのりゅういちです。

 

仕事でもスポーツでも、成果が出たり出なかったりで、「コンスタントに結果を出せない」という経験がある方も多いと思います。いわゆる定期的に訪れる「スランプ」というものです。

 

スランプの原因は何か?ご存知でしょうか?

 

スランプの原因は、「欲」でバランスが崩れるからです。例えば、腰痛は無理な姿勢をしてなるのではなく、「無理な状態で正しく姿勢を保とうとする欲」によってなるのです。そして実は仕事も同じで、成果をすぐ出したり、すごい成果を出し続けようとする「欲」がスランプを生み出すのです。

 

最近は「物欲がない」「性欲がない」など「無欲」がある意味ファッションとして流行っている傾向があります。しかし、人間と欲は切っても切り離せないもので、「無欲を維持する」というのも欲の1つです。その欲にかられているのになかなか気づけず、同じスランプのパターンを繰り返してしまうことが多い方は、自分と真剣に向き合わなければなかなか気づけないでしょう。

 

では、スランプを抜け出したり、そもそもスランプに陥らないために、一流とアスリートたちは何をするか??

 

リラックス?

 

やり方を変えてみる?

 

休息?

 

自己啓発?

 

いいえ、どれもその場は抜けた気に離れますが、根本的には解決はしません。

 

解決法はただ一つ

 

 

「基礎練習をひたすらヘトヘトになるまでやり続ける」

 

 

のだそうです。

 

荒っぽく聞こえるかもしれませんが、たしかにこれは最も合理的で最短の解決法です。

 

例えば、「かっこよくやろう」という欲が不調を生み出すので、ヘトヘトになるくらい練習して、「かっこいいとか悪いとか考えなくてもできる」状態になれば、欲も出なくなるのです。頭だけでスランプの原因を分析しても、「かっこよくやろうとするのをかっこよく治そうとする」方法を探しているだけで、欲は消えず解決にならないのです。

 

ではあなたにとって「基礎練習」とは何でしょうか?

 

もしあなたがいまスランプに陥っているとしたら、ご自身にとっての「基礎練習」をひたすらやってみてはどうでしょうか?

 

 

りゅういちの楽読体験セミナー

楽読・速読なら楽読 |楽しく・楽に・速く読む
楽読・速読スクールの株式会社 楽読|大阪・東京・神戸・京都・横浜で速読体験セミナー開催

 

 

 

コメント